動乱の時代を生きた男の人生を、轟悠が骨太に活写 宝塚歌劇星組公演ミュージカル『ドクトル・ジバゴ』(宝塚ジャーナル)

ロシア革命前後の時代のうねりの中で、医学を学び詩を愛した男の人生を2時間に凝縮したミュージカル宝塚星組公演『ドクトル・ジバゴ』が、専科の轟悠以下、星組の選抜メンバーにより赤坂のTBS赤坂ACTシアターで上演中だ(26日まで)。

原作となる「ドクトル・ジバゴ」はソ連の作家ボリス・パステルナークが1957年に発表した小説。ロシア革命前後の混乱に翻弄されながらも懸命に生きる主人公を描き、戦争、革命の中に於いても、人間は愛を失わないというテーマが高い評価を得て、名曲「ララのテーマ」がとりわけ有名な1965年デヴィッド・リーン監督による映画版をはじめ、幾たびかの映像化がなされている。また2015年にはブロードウェイミュージカルとしても上演されていて、今回は、原田諒がオリジナルの宝塚版として創作した作品となっている。

続きは、動乱の時代を生きた男の人生を、轟悠が骨太に活写 宝塚歌劇星組公演ミュージカル『ドクトル・ジバゴ』(宝塚ジャーナル)

『ドクトル・ジバゴ』の満足度は?

View Results

Loading ... Loading ...

2018年上半期★轟悠は好き?

View Results

Loading ... Loading ...

2018年上半期★有沙瞳は好き?

View Results

Loading ... Loading ...

コメントはこちら↓から

タカラヅカ人事部★全体掲示板

『ドクトル・ジバゴ』の満足度は?

轟悠コンテンツ

2018年上半期★轟悠は好き?

有沙瞳コンテンツ

2018年上半期★有沙瞳は好き?

クリックアンケート

生徒イメージ

魅力アンケート

作品満足度

タカラヅカ人事部★全体掲示板

タカラヅカ人事部★ブログ

宝塚歌劇団★タカラヅカ人事部★サイトトップ